ブログ

  • 最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

~ボランティアでの心意気 人生のスパイス~

カテゴリ : 
山下ブログ
2018/9/28 15:30
ボランティアで社会に貢献する心のあり方 その3

ボランティア活動を通して見えてくる問題

身近な地域での問題点を解決する為には・・・

① 問題点を洗い出し、箇条書きにする

② 理想とするあるべき姿は箇条書きにする

     大義名分 - 行動 - 結果 - 評価(価値判断)

③ 地域の為になるか、何年先に遺るか(人間関係は良くなるのか)

    災害時の考え方

     自助 - 自分を守る

     共助 - 家族、企業コミュニティで助ける

     公助 - 行政の支援

地域、社会に対して自分の今までの経験の恩返しをして

自分の高揚感を楽しむことが出来れば、

少しは地域の問題点を無くすことが出来るのかもしれません。

そして人間関係を良くするためには

○意見を述べる時は前向きな言葉を使います。

「これはダメ」と言う否定語は使わない事。

遠回しに言って理解を求める訓練です。

○他人の意見に同意、うなづきの表現が必要です。

意見は伝言ゲーム、一歩下がって言うと伝わりません。

どうせやらなければならない事なら

仕方なくするのではなく活き活き、ドキドキの

意見を述べることも大切です。

他人の喜びを自分の喜びと思える事。同調。

最後に、ボランティアとは他人と触れ合うことで

自分の心の修行をするところです。

基本的に自分の心を豊かにする為にしていることなので、

偉そうにしたいがためにやっているなら間違いです。

ボランティアをきっかけにして色々なことを学ぶ、

人としての修行ですから楽しいと言う充実感は得にくいもの

と考えた方が良いと思います。

ですから、何をしても感謝(ありがとう)の心が必要で、

その言い方さえも勉強なのです。

基本的にお互い様、助け合い支え合いから始めましょう!

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (252)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.asuto-n.com/modules/blog/tb.php/53