ブログ

  • 最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

春うらら

ASUTO Design Office Blog
カテゴリ : 
あすと日記
2019/3/28 0:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (154)

模型と共に

ASUTO Design Office Blog
カテゴリ : 
日々の仕事
2019/3/20 17:20
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (125)

地盤調査

ASUTO Design Office Blog
カテゴリ : 
日々の仕事
2019/2/28 17:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (127)

真備町にて

ASUTO Design Office Blog
カテゴリ : 
あすと日記
2019/1/9 17:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (123)

年末年始休業のお知らせ

ASUTO Design Office Blog
カテゴリ : 
あすと日記
2018/12/29 0:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (119)
カテゴリ : 
山下ブログ
2018/9/28 15:30
ボランティアで社会に貢献する心のあり方 その3

ボランティア活動を通して見えてくる問題

身近な地域での問題点を解決する為には・・・

① 問題点を洗い出し、箇条書きにする

② 理想とするあるべき姿は箇条書きにする

     大義名分 - 行動 - 結果 - 評価(価値判断)

③ 地域の為になるか、何年先に遺るか(人間関係は良くなるのか)

    災害時の考え方

     自助 - 自分を守る

     共助 - 家族、企業コミュニティで助ける

     公助 - 行政の支援

地域、社会に対して自分の今までの経験の恩返しをして

自分の高揚感を楽しむことが出来れば、

少しは地域の問題点を無くすことが出来るのかもしれません。

そして人間関係を良くするためには

○意見を述べる時は前向きな言葉を使います。

「これはダメ」と言う否定語は使わない事。

遠回しに言って理解を求める訓練です。

○他人の意見に同意、うなづきの表現が必要です。

意見は伝言ゲーム、一歩下がって言うと伝わりません。

どうせやらなければならない事なら

仕方なくするのではなく活き活き、ドキドキの

意見を述べることも大切です。

他人の喜びを自分の喜びと思える事。同調。

最後に、ボランティアとは他人と触れ合うことで

自分の心の修行をするところです。

基本的に自分の心を豊かにする為にしていることなので、

偉そうにしたいがためにやっているなら間違いです。

ボランティアをきっかけにして色々なことを学ぶ、

人としての修行ですから楽しいと言う充実感は得にくいもの

と考えた方が良いと思います。

ですから、何をしても感謝(ありがとう)の心が必要で、

その言い方さえも勉強なのです。

基本的にお互い様、助け合い支え合いから始めましょう!

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (474)

聴竹居

ASUTO Design Office Blog
カテゴリ : 
あすと日記
2018/9/12 17:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (75)

豪雨災害から2ヶ月

ASUTO Design Office Blog
カテゴリ : 
日々の仕事
2018/9/6 17:00
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (83)
カテゴリ : 
山下ブログ
2018/8/31 13:00

ボランティアで社会に貢献する心のあり方 その1

ふたつの心のあり様について

① 損得勘定 - ボランティア活動に参加する事でイベントや会議等

自由を束縛され自分の時間が少なくなります。

金銭面では、目に見えない形で出費(TEL代・ガソリン代等)があります。

② 損得感情 - 人間関係で悩んだり、面倒臭くなることもあり

何で人の為にここまでしなくてはならないのか?

疑問を抱くこともあります。

この勘定と感情 は、そのボランティア活動の主旨を良く理解し、

継続することにより充足感が出てき、次への原動力となります。

人は基本的に楽なほうに、

また自分の都合のいいほうに考える事が多い様に思います。

ものごとの考えにはいい面と、悪い(自分にとって損とか面倒くさい)面、

基本的に自分が損と感じることには手をつけないという面が考えられます。

ところが、このような試練も勉強し乗越え苦労して

良い評価等を皆さんからいただけることによって

また次のことを考えていける原動力にもなります。

人徳とは、神仏からの応援を頂いて五光を発している姿です。

また、その方がいるだけで回りを明るくする力です。   

言葉に負けないような生きる姿勢を常に心の隅においておく事によって、

困難を乗り越えて人徳のある笑顔を得ることができれば

何と幸せなことでしょうか。

私達はいつも神様から試されているもの、と考えたら気持ちが楽です。

最初の一日が一歩なら、365日で365歩。

前に向かって歩いているのです。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (344)
カテゴリ : 
山下ブログ
2018/6/8 14:00
ボランティアで社会に貢献する心のあり方 その2

人からしっかり求められている人間としてあり続けられる事。

ボランティア活動をしていく事は

人間力を養う修行道場と考え、

自分を磨き成長を楽しみに出来る事、

また次のステージへ行く事もできます。

その為にも人をおとしめたり、けなしたり、

悪口・陰口・恨み・妬み・嫉み・憎しみを持たず対応できると

人間修行を卒業することができます。    


私たちは『人を許す力』を持っているかをいつも試されています。

(心のあり方『受容の大きさ』が問われています)

特に定年を迎えてからの時間は、社会との関係性が少なくなり

生きがいが少なく、精神健康上も不安定となり

やりがいの少ない余生となりやすいものです。

ボランティア活動により、

人として内面を磨くことに専念することで心の安定、

人生80年、人としての完成に近づいていくと考えると目標ができます。

そこで社会を通じて自分の意見を発信する事、

世の中、特に地域が盛り上がりを示すと

やりがい感も出てくる事は間違いありません。

人の為に尽くす事が結果的には自分の成長として見返ってくるものです。

よって精神的に若々しくなり、活動的になるのです。

ボランティアの目的は、地域の人々が暮らしやすいように

動いていっていくことです。

  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (362)