家づくりの流れ

出会い・ご相談
お電話やメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。その後、直接お会いして家づくりに対する思いや、ご要望をお伺いします。また過去物件の写真を見て頂いたり、私達の考え方、仕事の進め方をご説明します。分からないこと、不安なことは何でもお尋ね下さい。
初回プラン提示
お客様のご要望をもとにプランをご提案します。手書きのプランとスケッチでイメージを掴んでいきます。
調査
プラン計画と同時進行で、土地の環境や各法規制の調査を行います。土地からお探しの場合はお手伝いさせて頂きます。
プラン検討・決定
基本となるプランが見えてきたら、平面だけでなく全体空間のボリュームを掴むためにスケッチパースや模型などを使って検討していきます。
基本設計
プランが決定したら、基本となる設計図を描いていきます。また、使用する材料なども打ち合わせしていきます。何度も打合せを繰り返しながら、理想の家づくりに近づけていきましょう。
概算見積
工事費だけでなく、ローン諸経費・税金など建築全体で必要な費用を出して検討していきます。借入の計画も始まります。
実施設計
基本設計で決った内容を詳細な図面にしていきます。お客様の思いをより具体的に職人に伝える為の作業となります。木造2階建の住宅で約35〜40枚程度の図面量になります。扉のデザインや金物の種類・各色決め・照明器具など決めることがたくさんあります。
見積調整
実施設計を基により詳細な見積を出します。見積金額によっては設計変更が生じる場合もあります。
工事契約
見積金額と設計内容にご納得頂けたら、工事契約をさせて頂きます。
確認申請
設計図面を審査機関に提出して審査してもらいます。建てる場所によっては確認申請以外の申請も必要になる場合があります。
地鎮祭・着工
地鎮祭とは工事の無事をその土地の神様にお祈りする行事です。地鎮祭を終えると、工事開始です。
工事監理
工事が図面に基づいて適正に行なわれているか監理します。 工事期間は木造2階建で6ヶ月程度です。土壁の場合は8ヶ月〜1年程度かかります。本来は3年くらい乾かしたい。
竣工・引渡し
お客様立会いの下、工事の最終検査をします。諸官庁の検査もあります。
引渡し後
定期的な点検や、増改築のご相談・メンテナンスの仕方など、何でもご相談下さい。