シックハウスへの取り組み

長年この問題に取り組んできたあすと設計から、シックハウスの予防方法や暮らし方をご紹介します。

あすと設計事務所では、新建材や接着剤をなるべく使わない自然素材の家づくりを基本としています。そして風通しを考えた家づくりをすることで、シックハウスはかなり防げると感じています。

しかし希ですが、自然素材を多用することで、症状が重くなる方がいらっしゃいます。そのような方には、その方にあった材料を探すところから家づくりを始めています。

その場合、使用出来る材料は自然素材とは限りません。
それは桧材やヒバ材などのように、虫を寄せ付けない、強い香りと化学物質を出している材料もあるからです。
また、使用する材料が複数にならないように注意もしています。
これは、その方の症状が重くなったときに何が原因だったか分からなくなるのを防ぐ為と、複合的な症状が出るのを防ぐためです。

少しでも多くの方に、安らげる空間を提供したい。その思いで取り組んでいます。

シックハウスについて