シックハウスについて

シックハウスとは

シックハウス(症候群)は、家の新築やリフォーム後に家に入ると気分が悪くなったり、目がチカチカしたり、頭痛がするなどの症状が出て室内にいられなくなり、室外に出ると楽になるといった病気で、日本では90年代に入ってから問題視されて初め、そのころは新築病とも言われていました。家族の中でも家にいる時間の長い主婦や幼児に症状が出ることが多い病気です。

化学物質過敏症との違い

シックハウス(症候群)が室内にいる時だけ症状が出るのに対して化学物質過敏症は、日常生活をしていく中で車の排気ガスや香水、新聞のインクや洗剤など一般の人が感じないものも含め、ありとあらゆる化学物質に反応してしまい通常の生活が送れなくなってしまう恐ろしい病気です。

この病気はよく「コップの水」に例えられるのですが、人はそれぞれ大きさの違うコップを体内に持っていて毎日少しずつ化学物質をそのコップに溜めていっています。そしてある日コップの水(化学物質)がいっぱいになり溢れるように症状が出てくるというものです。そして一度症状が出るとその後は一般の人が感じないきわめて微量の化学物質でも反応してしまいます。
人それぞれコップのサイズが違うので同じ環境で過ごしている家族でも症状が出る人と出ない人といます。このコップを溢れさせる最後の一滴が新築などによるシックハウス(症候群)によることが多くあります。またこの病気は職業にも大きく関わっていて、被害者の中には医師・美容師・研究者・工場での労働者など日頃から化学物質を多く浴びている方がなっています。症状が出始めるともうその仕事は出来なくなります。今後はシックハウス(症候群)から化学物質過敏症になったという方よりも職業・職場が原因でという方の割合が増えていくでしょう。


発生源と原因

シックハウスの原因となる発生源は主に家を建てる時に使われている建材から出る化学物質です。70年代80年代このような建材は高度成長期の中で利便性や生産性を追求していった結果生み出された物で大量に使用されていましたが、まだ社会問題にまではなっていませんでした。シックハウスの問題が表面化したきっかけは悲しくも地球環境対策でした。90年代に入りCO2の排出削減を目的として日本の産業界では省エネ化に力を入れていました。それは建築業界でも行われ「高気密・高断熱」の二つを掲げ、行政も金融機関でも「高気密・高断熱」を積極的に推し薦めました。そうして日本の住宅はそれまでの「隙間だらけの家」から「密閉された家」になりました。その結果室内に充満した化学物質が外に逃げなくなり、その中で暮らす人達が被害に遭われました。この問題を受け国土交通省はH15年に建築基準法の改正をしました。改正された内容は大きく分けて二つあり、一つは建材に含まれる化学物質の量を規正する事。もう一つは換気扇を24時間回し続けるというものです。これは高気密・高断熱を勧めながら換気扇を止めるな!といったちょっと不思議な法律です。

今回の法律改正でシックハウスに関してはある程度効果があるのではないかと思われます。しかしまだ安心は出来ません。数ある化学物質の中で規制されているものはわずかな物質で、その他の物質は野放しですし、現在の規制濃度は1物質ずつの値で定められているのですが、最近では2つ以上の物質が混ざりあった時の複合的な危険も言われています。また化学物質過敏症の発生源は日常のありとあらゆる化学物質であって、今回の法律で規制されたものは建築業界のほんの一部分だけなのです。


対策

ここではシックハウス(症候群)や化学物質過敏症にならないようにするためには、またなってしまった時の対策とアドバイスを少し紹介します。ただこの病気は原因や症状が人によって違いますので以下の対策では意味がない事もあります。ご自分やご家族がシックハウス(症候群)や化学物質過敏症ではないかと疑われるようならお早めに専門の医療機関にご相談下さい。

自分で確認

まずは原因となる物質を家に持ち込まないことが一番です。家を新築・リフォームする際使われる建材を実際に見て触れてみて下さい。この病気は人によってコップのサイズが違うのですから、出来ればご自分でご確認下さい。そして嫌な臭いがしたり、その空間にいて目がチカチカするようならその建材は使わない方が良いでしょう。また自然素材だからといって安心しないで下さい。桧やヒバなどの木は虫を寄せ付けない為に強い臭い(化学物質)を出しています。そのような臭いに反応してしまうこともあります。

自然換気

一般に窓を開けて行う換気です。1番基本的で簡単なことのようですがなかなか出来ません。換気の仕方が大切なのです。まず、新築やリフォーム後は室内の化学物質が多いと思われますので頻繁に換気を行いましょう。出来れば2〜3週間は空き家にしておいてほしいです。そして換気の方法ですが、1カ所の窓で換気を行うのでは無く、出来れば2カ所以上の窓を開けて下さい。空気の流れを考えて窓と窓が部屋の対角線上になるよう、また立体的に考えて床近くにある窓と天井の近くにある窓を開けて換気して下さい。窓が2カ所以上ない場合は部屋の中で空気の澱んでいそうな場所に扇風機を当て換気をおこないましょう。また化学物質は空気より重いので床に溜まることを覚えておいてください。それは寝ているときが1番危険ということにもなります。出来れば床に直接布団を引いて寝るのではなく、少しでも高い位置にあるベットに寝て下さい。ゆっくり寝ることが出来れば精神的にかなり安定します。
これを読まれて分かりにくい点がありましたらお電話下さい。その場に応じて換気の方法アドバイス致します。

機械換気

機械(換気扇)を使って強制的に換気を行う事です。H15年以降に建てられた住宅には24時間常に動く換気扇が各部屋に設置してあると思いますので止めないようにして下さい。気を付ける事は設置場所ですが、一カ所の換気扇で吸気と排気の両方出来る物がありますが、自然換気と同じで部屋の対角線上に吸気と排気それぞれの換気扇を付けた方が良いでしょう。

ベイクアウト

これは化学物質の発散量は温度が高い方が増えるという性質を利用したもので室内の温度を強制的に上げ化学物質を出してしまおう!といったちょっと強引な排除の仕方です。暖房をする冬や暑い夏に症状が悪化する人が多いのはこの為です。まず部屋中の窓を閉めきり暖房します、大体35℃〜40℃くらいまで室温を上げます。ときどき換気をしながらこの作業を3〜5日間繰り返します。この方法には注意点が2つあり1つは塗料以外の化学物質にはあまり効果が無いとされている事。もう1つは温度を急激に上げるので建具に狂いが出たり、クロスが剥がれたりすることがあるという事です。温度の上げすぎにはご注意下さい。

測定

家に入って体調が悪い場合・シックハウスが疑われる場合はまず測定してもらい、その結果に応じて次の対応を考えましょう。いったい何の物質のせいで調子が悪いのか?それとも自分の精神的なものなのか?他に原因があるのか?それが分からなくては対処のしようがありません。今では測定器を貸し出している所もあるようですが、出来れば専門家に測定していただきましょう。

家具

家具は今一番危険な発生源です。建物に使用される建材はH15年の建築基準法の改正でかなり厳しい規制がされましたが、家具材についてはまだ規制されていません。購入される際には使用材料に十分ご注意下さい。出来れば合板で作られた家具ではなく、無垢の材を使用された家具を購入していただきたいと思います。特に直接口が触れるお皿などを収納する食器棚はぜひそうしていただきたいものです。

汗をかく

シックハウスや化学物質過敏症になってしまった方は頻繁に新陳代謝を行って下さい。
運動をする、熱いシャワーを浴びる、サウナに入る。そうする事で体内に溜まっている化学物質を少しずつ出すことが大切です。

その他

やはり化学物質を家に持ち込まないことが大切です。日用品や家具、たばこの臭いなど私達の身の回りにはたくさんの化学物質があります。そのすべてを排除しながら近代生活を送るのは無理でしょう。しかし出来る範囲いいですから化学物質の量を少なくする努力をしていきましょう。


相談窓口

最近はかなり相談窓口が多くなりました。またシックハウス診断員やアドバイザーなどの(民間の)資格も広まりつつあります。ここでは岡山市周辺の情報を載せてみました。

医療系

国立療養所 南岡山医療センターアレルギー科
086-482-1121
クリーンルーム有(日本で北里研究室に次いで2番目にクリーンルームが出来ました)

行政(岡山市のみの情報)

岡山県 保健福祉部 生活衛生課
086-226-7335
シックハウスに関する情報提供しています
岡山地方振興局 保健福祉部
086-272-3950
室内空気中の化学物質の測定しています
岡山市 保健所衛生課環境衛生係
086-803-1258
シックハウスに関する情報提供しています

株式会社あすと設計事務所でもご相談承っています。お気軽にご相談下さい。